post

愛知県紫斑病治療

 

 

✤めまい

 

 

一般病理学によると

めまいの症状は人によって異なりますが、ここでは代表的なものを表記しています。

【回転性のめまい】

自分自身または地面が回転しているような感覚で、酷い時は倒れる事もあるそうです。
多くは三半規管や前庭神経など、耳の障害で生じると考えられています。

【浮動性めまい】

頭や体がフラフラする状態で、歩くとふらつく事があり、小脳・中枢神経の問題や、高血圧などで生じると言われています。
麻痺や意識障害を伴う場合は、腫瘍や脳梗塞などが疑われるので、一度専門医の検査を受けた方が良いでしょう。

【立ちくらみ】

血の気が引き意識の遠くなる感覚で、「起立性低血圧症」や「起立性血圧調節障害」と呼ばれていて、高血圧や動脈硬化などの症状がある方は、注意が必要とされているそうです。

【頭部外傷後めまい】

頭部の外傷が原因で、めまいが起こると言われる物で、症状が現れるまで数日~1ヶ月程かかる事もあるようです。
受傷後何年も続く「頭部外傷後遺症めまい」は、精神的ショック等が影響する可能性も。
一般的な治療は、投薬(抗めまい薬・吐き気止めなど)や手術、理学療法などがあるそうです。
また、睡眠不足やストレス・自律神経の異常も原因の一つといわれ、休養・安静が必要とされています。

めまいが起きる理由として、大きく分けて4つの原因があると考えています。

【肩周辺から首の筋肉の緊張】

筋肉の緊張が血管を収縮してしまい、脳へ送られる血液が充分ではなく、脳の酸素不足や一時的な貧血のような状態が起こると考えています。

【耳周辺と顎関節の筋肉の緊張】

耳や顎関節周辺の緊張によって、三半規管・顎関節に問題が生じ、めまいが起こると考えています。

【全身のバランスの崩れ】

めまいは、自律神経の障害や、一過性の血圧の上下などでも起こります。

【ストレス】

人間関係や仕事のトラブルなども、めまいの原因の背景にあるようです。

                                                                                                                     
おおしま接骨院では

                                                                                      
やさしく身体にアプローチし、めまいを効果的に回復させることが可能です。
肩や首周辺の筋肉の緊張を解消し、脳への血流を充分確保する事で、めまいの早期回復を実現しています。
耳・顎の周りの緊張を取り、顎関節の調整をすることで、めまいが解消される例も数多く見られます。
全身の施術を行うと、自律神経のバランスが改善され、身体がリラックスした状態になり、めまいの解消にも有効です。
身体の状態の改善から、心の問題のストレスに好影響を与えることで、めまいの改善も促します。

 

愛知県紫斑病治療

 

 

✤顎関節症                                                               


一般病理学によると

口の開け閉めや話をする時などにガクガクと音がしたり、痛みやあごの可動域が制限される場合のこととされています。
原因としては歯並びなどのかみ合わせの悪さや噛むことによる筋肉の緊張、ストレス等の心因性、外傷によるもの等があります。
治療法は、鎮痛剤や筋弛緩剤、金属や機械を入れる矯正、カウンセリング等があります。

おおしま接骨院では

顎関節症は習慣的なあごの使い方や姿勢、外傷などによる筋肉の異常緊張によって起こると考えています。
緊張をとり、あごの動きの修正をすることで痛みを解消し、あごの動きを本来の自然な形に戻すことが出来ます。

 

 

愛知県紫斑病治療

 

 

✤捻挫とその後遺症                 


一般病理学によると

関節に無理な力がかかったりし、関節の周囲の靱帯や軟骨が傷つき、腫れや痛みが発生します。
これが 捻挫 です。
捻挫しやすいのは、足首、手首、ひじ、膝、指などです。
足関節の外くるぶしに、骨と骨をつないで関節がぐらつかないようにしている靱帯と言う丈夫な線維組織があります。
足をくじいて靱帯が切れてしまうことを靱帯損傷と呼んでいます。
高いところから落ちたりしたときにも手首や足首に捻挫が起きます。
捻挫は早い段階で適切な処置をしないと慢性化をし、くせになり何度も繰り返しますので注意が必要です。
素人判断はせず、軽い捻挫でも接骨院の判断を得たほうが良いでしょう。
捻挫 も軽い方と重い方がおり、重い人は腫れもひどく関節が動きませんし生活にも困り会社や学校にも行けません。
なるべく速い処置を心がけてください。

また、捻挫の後遺症ですが、後遺症とは「急性期症状が治癒した後も、機能障害などの症状が残ること」とあります。
捻挫治癒後、可動範囲の狭窄、違和感、チクッとした痛み、シクシクした痛み、ズーンとした張ったような痛み、ある方向に曲げた時だけ出る痛みなどがある場合、捻挫の後遺症の可能性があります。

おおしま接骨院では、
痛みの原因としては、筋肉異常緊張と関節のズレが考えられます。
まず筋肉の緊張を取り除き、動かす時におこる関節のズレを修正することで痛みをとり、早期回復を実現します。

捻挫の後遺症がある場合は
それらの症状による緊張を取ったり、骨位置の修正などをすることによって可動範囲の狭窄、違和感、痛み等の捻挫後遺症の短期回復を実現しております。

 

 

愛知県紫斑病治療

 

 

✤膝の痛み     


膝の痛み:一般に、膝痛のほとんどが変形性膝関節症と言われます。変形性膝関節症は、膝の怪我や加齢によって、ひざの軟骨や骨の破壊が進んだ状態といわれています。

体重の増加や怪我などにより関節に負担がかかり、膝の軟骨が痛み、骨も変形してくる病気で、膝関節が痛み、動きも悪くなります。なかには関節に水が溜まって腫れてくることもあります。膝関節の破壊に伴って炎症を起こし、膝の腫れや熱感、痛みが現れ、体重や体の動きによって生じるストレスが、長い間膝に作進行期の膝関節症では、軟用して膝関節の軟骨を壊し、ゆっくり骨の変形が進んでいきます。
初期の変形性膝関節症では自覚的な症状はありません。
中期(ある程度軟骨の摩耗が進む)では、ひざを曲げたり、立ち上がったりする時や歩行時に痛みを伴います。
骨の摩耗がさらに進み関節の土台の骨が露出したり、骨そのものが変形したりします。
そうなると歩くたびに痛く曲げ伸ばしも制限され、日常生活に支障をきたすようになります。

膝関節症は、男性より女性に多く、60歳以上では女性の約4割、男性の約2割が、レントゲン検査により変形性膝関節症と診断されています。
さらに80歳では女性で6割、男性で5割近くとの結果が出ています。
また、スポーツ障害とも強く関係している症状の一つで、バスケット、ハンドボール、サッカー、バレーボール、野球、陸上、柔道、格闘技、各種ダンスなどで急な方向転換をした時などに起きやすく注意が必要です。


おおしま接骨院では、膝痛の原因は、ひざ周辺の筋肉が異常緊張することで筋肉が骨を引っ張って関節の間が狭くなってしまい、動かす時に骨や腱の摩擦・圧迫が強くなってしまうためと考えています。
結果、炎症が起きて水が溜まったり、軟骨がつぶれたり関節が変形したりと、様々な症状が現れます。
筋肉の緊張を取り除き、正しく関節を稼働させるように施術することで、短時間での痛みの改善を目指していきます。

 

 

愛知県紫斑病治療

 

 

 

 

 

「若いエネルギー」

 

愛知県丹羽郡扶桑町のマスターおーしまです。


本日ゆらし療法を全国に広げる活動に参加しました


愛知県接骨院の先生方お疲れ様でした。皆んなで力合わせて痛くなくゆらす

みんな元氣にしていきましょう


ゆらし療法、松永先生、川田さん、三浦先生ありがとうございました😊