まず皆さんに分かって欲しい事は、
紫斑病は回復するということです。

まず皆さんに分かって欲しい事は、紫斑病は回復するということです。

セミナーや勉強会などで紫斑病のことはよく聞き勉強していましたが、膝から下にかけて100万個以上もありそうな紫斑を見たときは、正直、鳥肌が立ち不安になりました。それと同時に「ここで逃げてはいかん」と自分自身に言い聞かせ、カーテンの外に出て気持ちを落ち着かせて患者さんの施術にあたったのを今でもよく覚えています。
はじめて紫斑病の患者さんを診たその晩は先輩の先生にも電話して施術方法、患者さんへの説明が間違っていないことを確認して就寝したことを今でも覚えています。その患者さんの2回目の施術の時、前回に比べて紫斑が減り、筋肉が緩んでいるのを確認できたのでこれは早いうちに回復できるのでは…と確信が持てました。1回目と2回目では自宅での過ごし方と施術方法をしっかりと説明し、2週間の間に計4回施術を行いました。その結果、100万個以上の紫斑はウソのように消え、患者さんが喜んで下さった姿、そして周りの先生方が経験していないことをやり遂げることができ、私自身、紫斑病に対しての自信になったことを思い出します。

まず紫斑病患者さんのご家族の皆さんに分かって欲しい事は、紫斑は回復するということです。
「薬や注射はサヨナラ出来る」「入院はしなくて良い」「腎臓不全になることはごくまれ」ということを知って欲しいと思います。おおしま接骨院に相談に来られた紫斑病の患者さんのほとんどが回復し、今では何もなかったかのように普通の子と同じ様に学校に行き勉強も体育も部活も頑張っています。
紫斑の再発はほとんどない上に、副産物として“頭痛が取れた” “咳をしなくなった” “睾丸があがらなくなった“動きの指導も同時に行うので、“普段の歩き方や姿勢”が良くなったということも出てきています。
また、私自身が紫斑病の患者さんの家族となったつもりで施術を行っていますので、ご家族の皆さんの身体のケアを一緒に任せて頂くことも多くあります。

紫斑病の患者さん、家族の皆さんへ

病院で難病と言われたし、治らない、一生付き合わなくていけない、入院、ステロイド、血液製剤、腎不全で透析と言われて、心配で心配でたまらなく落ち込んでみえると思いますが、おおしま接骨院に相談にいらっしゃる患者さんの多くは、ワラをもすがる氣持ちで私宛にお電話やメールを頂き、実際に皆さん回復されています。私は、検査を大病院で受けて、施術をおおしま接骨院でするのがベストだと思える程に、紫斑病の回復には自信があります。ご家族の方もご自身も絶対に諦めないでください!!一緒に頑張って克服しましょう!!